今日のみずたまカフェ


みなさま。

ご無事でしょうか?

まず、この度の震災で亡くなられた方々に、謹んでお悔やみを申し上げます。

また、重症を負われた方々やそのご家族、住まいを奪われた方々の心中

痛いほどお察しいたします。

高齢になる両親が甲佐町にいますので、地震後は両親の家におりました。

両親の家や親戚の家々は、全壊は免れましたが、屋根や壁が損傷し、

屋内も落ちるものは全て落ちて破損しました。

停電、濁水、夜中の気味の悪い余震、連日の車中泊で

両親、近所の方々みな、本当に疲労困憊でした。

それでも、昼間は家の中で過ごすことが出来ましたので

私たちは本当に幸運だったとしか言いようがありません。

停電も解消し、近くの水道センターで給水も始まり、余震も減ってきましたので

両親を甲佐町に残し、今日、カフェ兼自宅のある山都町へ戻ってまいりました。

遅くなりましたが、みずたまカフェは、スタッフとその家族全員、

無事だったことをご報告いたします。

また、食材などをご提供いただいている農家の方々の無事も

確認ができました。

みずたまカフェのシンボルとも言える、ガラスの建物も、

ひび割れ一つ見つからず、無傷でした。

カフェへ戻ってきてまず驚いたのが、ライフラインが全く途絶えていないことです。

電気、ガス、水道水、すべて平常通りです。

水道水も、ペットボトルいっぱいに水を入れて見た感じですが

濁りは全くなく、きれいな透明を保っています。